羽根突きの羽根の飛ぶ様がトンボに似ていることから、蚊が病気を仲介することを認識していた昔の人々は、羽根をトンボに見立てました。蚊はトンボを恐れ、ひいては子供は蚊に刺されないという厄除けのまじないとして、正月に羽根突きを行っていました。
また、羽根突きの玉には、「ムクロジ」という木が使われます。ムクロジは「無患子」と書き、「子供が患わない」ようにとの意味が含まれています。
こうして羽子板には遠い昔から子供の無事を願う温かい親心がこめられています。

 


破魔弓は魔除けの意味で神社などにかなり古くから置かれ色々な神事に使われていました。これが一般に広まったのは平安時代の中頃といわれています。この頃朝廷では皇子が誕生したときの魔除けとして鳴絃の儀式を行いました。また、民間では男子の初正月に、弓を入れる用具と弓矢を組み合わせた破魔弓を飾って祝たといわれます。
現在のような形の破魔弓が出来上がったのは鎌倉時代だといわれています。城下町を中心に、武家や町人の家に男の子が出来ると、初正月の祝いに破魔弓を贈る習慣が生まれ、それが広く伝わりました。
現在も残るこの習慣は、日本の伝統にもとづくもので破魔弓が魔を払い、男の子が健やかに育つようにとの願いが込められています。