奈良時代に中国から伝えられた風習で、季節の変わり目の祝祭日に食物を供えて祈り祝う行事があります。
その祝祭日を『節句』と言い1月7日の人日(じんじつ)・3月3日の上巳(じょうし又はじょうみ)・5月5日の端午(たんご)・7月7日の七夕(しちせき)・9月9日の重陽(ちょうよう)の五節句が定められています。


 

☆一月七日 人日(じんじつ) 七草の節句

古代中国では、奇数の重なる日は縁起の良い日とされていたので、三月三日、五月五日のように奇数になる日が祝祭日に選ばれていましたが、一月だけは、一日(元旦)を格別とし、七日の「人日」が、五節句の中に取り入れられました。
中国には、一日に鶏、二日に狗、三日に猪、四日に羊、五日に牛、六日に馬、七日に人、を当てはめて占う風習があり、人を大切にするという意味で七日を節句にしたとも言われています。
また、この日は初春の野草の生命力を食して邪気を祓うということで七草粥を食べる日としてよく知られています。

☆三月三日 上巳(じょうし) 桃の節句 雛祭

上巳とは、陰暦3月の最初の巳(み)の日の事です。古来、川辺で災厄を祓う「上巳の祓い」という行事が行われていました。
これが後に三月三日に行われるようになり、平安時代の「ひいなあそび」と一緒になりました。やがて、女児の健やかな成長を祈り雛人形を飾る現在のようなひなまつりになったと言われています。

☆五月五日 端午(たんご) 菖蒲の節句

端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味でしたが、午(ご)と五(ご)の音が同じことから、やがて五月五日になったと言われています。
端午の節句は、男児の節句とされ、たくましく、健やかに成長してほしいと願いを込め、鎧飾り、兜飾り、鯉のぼりなどを飾ります。
また、菖蒲の節句とも言われ、菖蒲の強い香りが邪気を払うということから菖蒲湯をわかしたり、菖蒲酒を飲んだり、粽や柏餅を食べたりします。

☆七月七日 七夕(たなばた) 星祭

日本では織姫と彦星の物語として知られていますが、もともとは、中国に存在する牽牛星と織女星の伝説が、日本の古事記に記された棚機津女(たなばたづめ)の伝説と結びついたものとされています。
当時は、機織に励んだ天上の織女にちなんで裁縫の上達を祈りましたが、今日では様々な願いが叶うよう、短冊に願いを書いて笹竹に飾る夏の風物詩として楽しまれるようになりました。

☆九月九日 重陽(ちょうよう) 菊の節句

奇数の重なる縁起の良い日の中でも数字の一番大きい「九」が重なる九月九日はめでたい日とされ「重陽の節句」とされました。
古来よりこの日は、茱萸(しゅゆ=ぐみの実)を入れて丘や山に登ったり菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を払い長命を願うという風習があます。